国際結婚夫婦生活の日常

メキシコ人妻に学んだ、夫婦でクリスマスをより楽しむ方法

こんにちは、あほろです。

本日は「メキシコ人妻に学んだ 夫婦でクリスマスをより楽しむ方法と題しまして、私たち夫婦から、夫婦イベントとしてクリスマスをより楽しくするアイディアをご提案したいと思います。

 

突然ですが、世のお父様、旦那様、彼女持ちの男性の皆様。

正直、クリスマスって苦手じゃありませんか?

  • 今年はどんなプレゼントを買うべきか…
  • どうしたら相手が喜んでくれるかプレッシャー…
  • 付き合ってた頃は彼女のためだったけど、今は子供のサンタさんで手一杯!

こんな悩みを抱えている方は意外と多いのではないでしょうか。

そんな方に、私たち夫婦から「クリスマスを夫婦イベントとして”二人で”楽しむため」のご提案がありますので、ぜひご一読ください!

■自己紹介

私は仕事の関係で住んでいたメキシコで、現在の妻と出会い、結婚。今は日本で一緒に暮らしている普通のサラリーマンです。自己紹介については以下記事にまとめておりますので、ぜひご覧ください。

はじめにこんにちは、あほろです。 数あるサイトの中から当ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。 当ブログ管理人のあほろ@aj...

クリスマスを苦手に感じてしまう理由

①男性側が一方的に「何かしてあげる」との思い込み

クリスマスに限らず、結婚記念日もそうですが、夫婦にとって大事なイベントってありますよね。

このようなイベントのため、愛する女性のために男性側が愛と感謝を伝える場とし、男性が100%ホストすることをもちろん否定するわけではありません。

ただ、正直それだと長続きしない人もいると思うんです。(←私)

それで男性側がだんだんフェードアウトし、せっかくの二人のイベントが忘れ去られていく、というのは非常に残念ですよね。

②プレゼントを贈ることへの義務感

例えば、一度、一方が「(高価な)プレゼントを送る場」としてしまうと、義務感が生じ「今年は何を”買ってあげよう”」となってしまうのは、あまり良くないかもしれません。

もちろん感謝を伝える一つの形として「プレゼントを贈ること」そのものを否定するものでは全くありません。ただそれが”義務”となってしまうと、もらった方も嬉しさが半減してしまうのではないでしょうか?

去年はバッグだったから、今年は財布か、、、みたいな決め方は本当に相手のためというより「贈ること」が目的になってしまっているかも。

義務感はイベントを楽しむことから離れてしまう一つの要因になってしまいます。

「ふたりで作る」イベントにすることが大切

イベントは2人で作り上げるもの

今の妻と結婚するまでの私は、まさに「クリスマスを始めとするイベントに苦手意識を持った男」そのものでした。

クリスマスには高価なプレゼントを贈ること、に義務感を感じてもいました。

 

ちょっと昔の話です。

まだ今の妻と結婚する前、出会ってから最初のクリスマスのことです。もちろん私は張り切って、高級レストランを予約し、高級ブランドの財布をプレゼントしました。(初めてハイブランド品を正規ショップで買ったのですが、拙いスペイン語でのおしゃれな店員さんとやりとりに苦労したのを覚えています笑)

もちろん彼女はとても喜んでくれたのですが、同時に彼女が送ってくれた言葉は

「クリスマスはみんなで祝い・楽しむ場だから、こんな高価なものを贈ってくれなくて構わない。それより2人で楽しく家で料理を食べ、プレゼント交換し、ケーキを食べよう」

でした。

「クリスマスは高級レストランでプレゼントを贈ってあげなければ」というのは勝手な思い込みで、自分本位だったことに気づかせてくれました。

クリスマスを2人で作り、2人で楽しむイベントとすることで、義務感やプレッシャーとは皆無になりました。イベントそのものはもちろん、それまでの準備も2人ですることで、より一層イベントを楽しめるようになりました。

(ちなみに妻は今でもその財布を大事に使ってくれています)

日頃の感謝を伝える場

もちろん、2人で作るイベントだからといって、ただ楽しむ場で終わってしまうのはもったいないですよね。

普段言えない感謝の言葉や愛情をしっかり伝えるチャンスですのでしっかり活用しましょう。

私のオススメは「お花にメッセージカードをつけて贈る」です

これも苦手な男性方多いと思いますが、おすすめですのでぜひトライしてみてください!

詳細は下記記事にまとめておりますのでぜひご覧ください!!

【花を贈ろう】恋人・夫婦・パートナーに花を贈るメリットと贈り方花なんて恥ずかしくて送ったことがない。そんな世の日本人男性の皆様に、国際結婚により外国かぶれした私がおすすめする「花を贈ること」...

誕生日は100%相手のために

逆にお相手の誕生日は100%こちらがホストとなり、イベントを企画・盛り上げ、一番相手のことを思ったプレゼントを贈りましょう!

一年に一回ならば、頑張ってみてもいいのではないでしょうか?

サプライズイベントや、ちょっと高価なレストラン、少し背伸びしたプレゼント。もちろんケーキも忘れずに、ですね。

私たち夫婦のクリスマスの過ごし方

ご参考までに、私たち夫婦のクリスマスの過ごし方をご紹介します!リスマス

メキシコ人である妻と私にとって、クリスマスは一大イベントです。

一番のイベントはやはりプレゼント交換。お互い予算を決めて(我が家は1万円程度)、複数のプレゼントを購入・ラッピングしクリスマスの当日、交互に渡し・開封していきます。

こんな感じで中身がわからないようにラッピングし、一つ一つクリスマスツリーのそばに置いていくと、クリスマスがどんどん華やかに・楽しみになっていきます。

一つ一つは高価なものである必要は全くありません。お皿やグラスなど、小物も多いです。

お互い一緒に過ごす中で、

  • こういうの欲しがってたな〜
  • これ贈ってあげたら喜びそう!

というものを考えている時間もまた楽しいし、相手のことをより思うことができるのでおすすめです。

一つ空ける時の相手の喜んだ顔を見ながらのみワインは最高です(笑)

 

あ、お子様がおられるご家族の場合、子供へのプレゼントが中心になっていませんか??

ぜひご夫婦でもプレゼント交換をしてみてください。より家族みんなのイベントとして楽しめるかもしれません。

 

 

もちろん豪華な食事とお酒は欠かせません

この日のために1年間、料理の腕を少しづつ磨いていっているといっても過言ではないですね笑

※毎年作りすぎて、2,3日は同じメニューになるまでがルーティーンです

最後に

もちろん、このような過ごし方が唯一の正解というつもりは一切ありません。

生まれた国というバックボーンが違う一つの夫婦が、お互いイベントを最大限楽しみ、日々の感謝と愛情を伝える場にしようとした結果、このような形になりました。

皆様ご家族、カップルのご参考の一つになれば幸いです。

以上!

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

↓ブログ村ランキングに参加しているので、よかったら応援して下さい!↓

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

国際結婚した妻を幸せにしたいサラリーマン
あほろ
母国を離れ、一緒に過ごす選択をしてれた妻を幸せにする、という壮大な目標までの経緯をブログに綴っています。家計・生活改善・米国株投資や夫婦生活の助けになる情報を発信しています。可愛いウーパールーパー見れます!
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA